ブログ - XPからUbuntuへの移行メモ(ツール編)

XPからUbuntuへの移行メモ(ツール編)

カテゴリ : 
ツール
執筆 : 
dohi 2014-2-18 16:01
XPからUbuntuへの移行メモ(OS編)の続きです。


デスクトップ作業用の便利なツール等。
Ubuntuインストール時に、サードパーティのソフトをインストールするという選択をしていれば、いくつかは既にインストールされている。
特記のないものは、Ubuntソフトウェアセンター(デスクトップ左の、買い物袋アイコン)を開き、ソフト名を検索してインストール可能。


Officeソフト

LibreOffice Writer - ワードプロセッサ(MS-Wordに相当)
LibreOffice Calc - スプレッドシート(MS-Excelに相当)
LibreOffice Impress - プレゼンテーション(MS-PowerPointに相当)
LibreOffice Draw - 作図(Office製品からなくなったMS-Drawに相当)
LibreOffice Math - 数式エディタ(MS-Mathematicsの一部機能?)
LibreOffice Base - データベース(MS-Accessに相当)


PDFビューアー

ドキュメントビューアー - PDF、PS、EPS、DjVu等のビューアー


画像関連

GIMP 画像エディター - 画像作成、写真編集
KSnapshot - 画面表示を、ウィンドウ単位、矩形領域単位で取り込み(ドキュメント作成に便利)
Dia - ダイヤグラム、図表等作成(MS-Visio相当)


プロジェクト管理ツール

MS-Project相当のプロジェクト管理ツール、GanttProjectをインストールするには、GanttProjectのホームページからdebパッケージをダウンロード。.debファイルをダブルクリックすると、ubuntuソフトウェアセンターが開くので、インストールする。


VirtualBox

デバイスベンダの提供するツールは、Windowsのみ対応のものも多いため、XPも動かさざるを得ない場合、VirtualBoxの仮想環境で動かす。(KVMより安定して動きました)

VirtualBoxのダウンロードページから、「VirtualBox x.x.x for Linux hosts」の対応するもの(当該のUbuntuバージョン、32bitはi386、64bitはAMD64)と、「VirtualBox x.x.x Oracle VM VirtualBox Extension Pack」をダウンロード。
ダウンロードした.debをダブルクリックし、Ubuntuソフトウェアセンターからインストール。
sudo gpasswd -a 自分のユーザアカウント名 vboxusers
で、自身をvboxusersグループに追加する。
デスクトップで(どのWindowもアクティブでない状態で)Altキーを押し、コマンド検索に「virtualbox」と入力。Oracle VM VirtualBoxのアイコンが現れるので、クリックしてVirtualBoxマネージャーを起動。
VirtualBoxマネージャーのウインドウがアクティブな状態で、画面上部のステータスバーにマウスカーソルを動かし、ファイル-環境設定-拡張機能ーパッケージを追加(右側の四角に逆三角形のアイコン)で、ダウンロードしたOracle VM VirtualBox Extension Packを選択て、拡張機能をインストールする。

VirtualBox Mania等を参考に、ゲストOSをインストールする。
(ThinkPad T60は、WindowsXPのインストールメディアが無く、HDDイメージをリカバリするタイプのものなので、VritualBoxへのインストールができませんでした。たまたま、他のPC用にXPのインストールメディアを持っていたので、それを利用しました。Productキーは、PC本体に貼ってあるもものを入力すれば、問題なくインストール出来ました。)

VirtualBoxでゲストOS動作中に、PCがサスペンドやハイバネートすると、復帰後にゲストOSのCPU使用率が異常に大きくなり、事実上ゲストOSがクラッシュしてしまう問題があるため、VirtualBox をサスペンド&ハイバネートに対応させるの手順により、サスペンド・ハイバネート時に、ゲストOSを状態保存して休止する設定をおこなう。
sudo gedit /etc/pm/sleep.d/90virtualbox
で、以下内容のファイルを作成して保存。
#!/bin/bash

suspend_vms()
{
    for USER in $(ps h -C VirtualBox -o user | uniq); do
        for VM in $(sudo -u $USER VBoxManage list runningvms | grep -o "[0-9a-f-]\{36\}"); do
            sudo -u $USER VBoxManage controlvm $VM savestate
        done
    done
}

case "$1" in
	hibernate|suspend)
#	hibernate)
		suspend_vms
		;;
	*)
		;;
esac

exit $?
ファイルに実行のパーミッションを与える。
sudo chmod +x /etc/pm/sleep.d/90virtualbox

(別のPCで、64bit環境のUbuntuに、Windows8 64bitをVirtualBoxで仮想化してインストールして使っていますが、上記の方法を使っても、サスペンド復帰後に、ゲストOSのクラッシュを避けれれませんでした。64bitの問題なのか、Windows8による問題なのかは不明です。32bitのUbuntuとWindowsXPpro32bitでは、問題なく復帰しています。)


リモートデスクトップ

Ubuntuクライアントから、ネットワーク内の他のWindows、Ubuntuどちらのマシンへも、リモートデスクトップでログインできる。

デスクトップで(どのWindowもアクティブでない状態で)Altキーを押し、コマンド検索に「remmina」と入力。Remminaリモートデスクトップクライアントのアイコンが現れるので、クリックして起動する。
ウインドウ上部の、新規リモートデスクトップの作成アイコン(書類に+のアイコン)をクリックし、適当な名前を付ける。プロトコルは、「RDP - リモートデスクトッププロトコル」を選択。サーバーの欄に接続先のIPアドレスを入力し、ユーザ名、パスワードにそれぞれリモートPCでログインしているものを入力。色数は、256色以外を選択。(256色で、不具合が出る場合があるとの情報あり)

リモートPCがWindowsならば、リモートデスクトップの接続を許可する必要がある。

リモートPCがUbuntuならば、vnc で Ubuntu をリモート操作に従い、リモート側のPCを設定する。
x11vncをインストール。
sudo apt-get install x11vnc xinetd
xinetdの定義ファイルを作成。
sudo gedit /etc/xinetd.d/x11vnc
以下内容を入力し、保存する。
service x11vnc
{
    type = UNLISTED
    disable = no
    socket_type = stream
    protocol = tcp
    wait = no
    user = root
    server = /usr/bin/x11vnc
    server_args = -inetd -o /var/log/x11vnc.log -display :0 -forever -bg -rfbauth /etc/vncpasswd -shared -enablehttpproxy -forever -nolookup -auth /var/run/lightdm/root/:0    
    port = 5900
    flags = IPv6
}
x11vncのパスワードを設定設定。
sudo x11vnc -storepasswd /etc/vncpasswd
xinetd を再起動する。
sudo service xinetd restart

自分自身を「再帰的」にリモートデスクトップ接続すると、ブラウザクラッシュに遭ったかと思うほど、悲惨なウィンドウになるので注意!

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.bedesign.jp/modules/d3blog/tb.php/10

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧